Minecraft非公式日本ユーザーフォーラムにて公開していたTCRSグループ関連コンテンツについて

2018年12月30日にMinecraft非公式日本ユーザーフォーラムがメンテナンスに入り、付けにてクラッキング被害を受けたことが公表されました。
今後フォーラムのリセットを行い、既存投稿をアーカイブとして分離すると発表されています。

被害の正式発表当日に弊グループ公式Twitterアカウントにてツイートしましたとおり、本件に関する対応についてお知らせします。

今回のクラッキングによるTCRSグループへの主な影響について

2016年末頃までTCRSCommunityTeamがTCRS Soft名義で展開しておりました、MOD・Plugin・ツールの公開トピックおよび2016年11月から2017年5月まで綾部コンピューターサービスが、2017年5月以降合同会社TCRSが提供しておりますTCRS Hostingのトピックにアクセスできなくなっております。

また、TCRSグループが後援をしておりますC2のメンバー募集トピックにつきましてもアクセスできなくなっています。

本件に関する対応について

TCRSグループでは従来よりMOD等の配布についてはWEBサイトにて行っておりましたため、配布ファイルの消失は回避されています。
2016年末頃までTCRSCommunityTeamがTCRS Soft名義で展開しておりました、MOD・Plugin・ツールにつきましては、TCRS SoftのWEBサイトから情報をご覧いただけます。

綾部コンピューターサービス(~2017/5)並びに合同会社TCRS(2017/5~)が提供しているTCRS Hostingに関する情報はWEBサイト並びに当Twitterアカウントにて提供しております。

最後に

Minecraft非公式日本ユーザーフォーラムは、日本のMinecraftコミュニティの中心とも言えるサイトであると私は思っています。一日も早い復旧を切に望みます。

TCRSグループ 代表
本田 秀一(inaka)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)